週末 特別登録馬段階 見解

有観客競馬がスタートして3週目になります。これまで無観客で活躍していた馬にとってはマイナスになるかもしれません。このレースも登録段階から少頭数で、レベルの低い一戦になりそうです。直前の調教や枠順を考慮して購入しない事もありますので、ご注意下さい。

G1 特別登録馬段階 見解

夏を越しましたが、これと言って目ぼしい馬は出てきませんでした。また10月の東京、京都開催から観客を入れての開催もスタートしており、スタンド前を通過するこのレースは大きく影響するでしょう。それでは伏兵陣を解説していきます。

G1 特別登録馬段階 見解

コントレイルによる無敗三冠に注目が集まります。クラシックで唯一抵抗していたサリオスは毎日王冠に出走し、俄然三冠に近付きました。しかし、先週から観客を入れての競馬が始まっています。春のクラシックでは、無観客で好走していた馬にとってはマイナスになるでしょう。有力馬診断では種牡馬成績と騎手成績を掲載し、伏兵馬診断で枠順成績を掲載しますので、参考にして下さい。今回は現時点での有力馬を解説していきます。

調教タイム

10月14日(水)時点での最終追い切り時計になります。坂路以外の時計に関しては、多少の誤差があるかもしれません。また追い切り映像がない馬や木曜追い切りの馬は省略していますので、ご了承下さい。

調教タイム

10月14日(水)時点での最終追い切り時計になります。坂路以外の時計に関しては、多少の誤差があるかもしれません。また追い切り映像がない馬や木曜追い切りの馬は省略していますので、ご了承下さい。

週末 特別登録馬段階 見解

先週の開催から人数制限をかけての有観客競馬がスタートしています。これまで無観客で活躍していた馬にとってはマイナスになるかもしれません。今年は登録段階から少頭数で、レベルの低い一戦になりそうです。直前の調教や枠順を考慮して購入しない事もありますので、ご注意下さい。

G1 特別登録馬段階 見解

有力馬はいずれも直行や回避をして、伏兵陣にもチャンスが生まれてきました。また先週から観客を入れての開催もスタートしており、スタンド前発走のこのレースは大きく影響するでしょう。それでは伏兵陣を解説していきます。