G1 特別登録馬段階 見解

天皇賞春も無観客開催との発表が行われました。例年ならスタンド前を通過する際に、大歓声でイレ込む馬も多いのですが、今年は各馬しっかりと折り合いをつけられるのではないでしょうか。近年のこの路線はレベルの低下が見受けられます。その証拠に最終登録段階の特別登録馬がフルゲート割れになっております。また、開幕2週目になるので、馬場が良いインコースを走れる馬が有利となります。今回は現時点での伏兵馬を解説していきます。

G1 特別登録馬段階 見解

天皇賞春も無観客開催で行われそうです。例年ならスタンド前を通過する際に、大歓声でイレ込む馬も多いのですが、今年は各馬しっかりと折り合いをつけられるのではないでしょうか。また近年、この路線はレベルの低下が見受けられます。今回は現時点での上位人気5頭を解説していきます。

調教タイム

4月15日(水)時点での皐月賞出走予定馬の最終追い切りの時計になります。坂路以外の時計に関しては、多少の誤差がありますが、ご了承下さい。

G1 特別登録馬段階 見解

三強と目される今年の皐月賞は、無観客開催で例年と異なる環境での競馬開催となります。無敗の二頭は年明けからレースを使っておらず、皐月賞とダービーにコンディションを合わせてきました。