調教タイム

9月24日(木)時点での最終追い切り時計になります。坂路以外の時計に関しては、多少の誤差があるかもしれません。また追い切り映像がない馬は省略していますので、ご了承下さい。

G1 特別登録馬段階 見解

昨年の覇者であるタワーオブロンドンの回避は残念ですが、それでも短距離からマイル路線の好メンバーが集まりました。今回は伏兵陣を解説していきます。

調教タイム

9月24日(木)時点での最終追い切り時計になります。坂路以外の時計に関しては、多少の誤差があるかもしれません。また追い切り映像がない馬は省略していますので、ご了承下さい。

G1 特別登録馬段階 見解

インディチャンプは回避してしまいましたが、グランアレグリアがマイル路線からの参戦で、俄然面白いメンバーになりました。有力馬診断では枠順成績と騎手成績を掲載し、伏兵馬診断で種牡馬成績を掲載しますので、参考にして下さい。今回は現時点での有力馬を解説していきます。

週末 特別登録馬段階 見解

例年は阪神の2400mで行われるためスタミナが問われますが、今年は中京の2200mと条件が大きく異なります。二冠馬コントレイルは菊花賞を見据えた競馬をしてくるでしょうし、内容も問われる一戦です。直前の調教や枠順を考慮して購入しない事もありますので、ご注意下さい。

週末 特別登録馬段階 見解

コロナウイルスの影響で海外遠征が出来なくなってしまったので、前哨戦で一回使ってからG1に向かう馬が増えました。例年メンバーレベルが低いこのレースですが、今年は少数精鋭と言った好メンバーが揃いました。直前の調教や枠順を考慮して購入しない事もありますので、ご注意下さい。